ここから本文です

ペップの決断に納得しないボアテング「理由がわからない」「レスターはブンデスリーガなら優勝できないだろう」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月19日(木)20時30分配信

シティはバイエルンよりも下

バイエルンのDFジェローム・ボアテングは指揮官の決断に関していまだ理解できていないようだ。

3年という契約期間を終え、バイエルンを今季限りで去るジョゼップ・グアルディオラ監督。同監督が次なる行き先に選んだのはプレミアリーグのマンチェスター・シティだ。それについてボアテングは独『Kicker』のインタビューで疑問を投げかけている。

「僕ら全員が彼の退任を残念に思っている。グアルディオラの決断の理由がわからないよ。それについては話したこともないしね。恐らくプレミアリーグはより勝つのが難しいから彼にとって魅力的だったんだろう。でもレスターはブンデスリーガでは優勝できないはずだ。もちろん彼らのパフォーマンスには敬意を払っているけどね。僕はマンチェスター・シティにいたことがあるけど、バイエルンがペップを招いたときとは全く異なる世界だった。シティはお金があるけど、バイエルンほど組織されてない」

それでもボアテングはペップがバイエルンで残した功績は大きなものだったと評価しており、「3年間で僕らはペップから多くを学んだ。僕はより良い選手になれたと思う」と話している。それほどまでに偉大だった指揮官が自分たちよりも下に思えるチームに行くということはボアテングにとって少々納得いかないものなのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月19日(木)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合