ここから本文です

藤川球児、2日連続で最終回を無失点 サヨナラ呼び、4年ぶりに甲子園白星

Full-Count 5月19日(木)21時43分配信

復帰後初セーブを挙げた前日に続き今季2勝目、甲子園では2012年以来の白星

 阪神の藤川球児投手が19日、本拠地での中日戦で2試合連続登板。1回を1安打1四球無失点に抑え、今季2勝目を挙げた。先発として4月3日のDeNA戦(横浜)で日本復帰後初白星を挙げていたが、本拠地・甲子園では2012年7月14日のヤクルト戦以来の白星となった。

 藤川は2-2の同点で迎えた9回に登板。先頭の大島にセンター前ヒットを浴びたが、荒木は送りバント失敗。平田は右飛に仕留めたものの、ビシエドには四球で2死一、二塁とされた。

 続くナニータの打席で暴投があり、二、三塁とピンチを広げたが、最後はフルカウントからナニータを146キロの直球で左飛に打ち取り、無失点に抑えた。

 すると、その裏の攻撃で阪神は1死からゴメスがセンター前ヒットで出塁。続くヘイグは死球で1死一、二塁とチャンスを広げた。ここで高山がライト前ヒット。代走の二塁走者・上本は三塁でストップし、満塁の絶好機となる。

 ここで原口が値千金のサヨナラヒットを放ち、阪神が3-2で劇的勝利。前日に日本復帰後初セーブを挙げた藤川に、甲子園で4年ぶりの白星がついた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月19日(木)21時49分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。