ここから本文です

ザック・エフロン、毎日エゴサーチしていた過去を告白 やめられた理由は?

クランクイン! 5月19日(木)15時33分配信

 人気俳優ザック・エフロンが女性誌「エル」アメリカ版とのインタビューで、世間の評判を気にしてエゴサーチがやめられなかった過去を語った。ザックは飲酒やドラッグが大きな要因だったことを認め、アルコールとドラッグの依存症を治療してからは平静を取り戻したという。

【関連】「ザック・エフロン」フォトギャラリー


 2013年にリハビリ施設に入所し、依存症を克服したザック。「毎朝、起きたらグーグルでエゴサーチする時期があった」と更生前の自分を振り返り、「でも3年前に劇的にピタッと止まったんだ」とリハビリの効果を語ったという。

 ザックは「他の人の考えを通して自分のことを見ることは、自分の人生を生きていると言えないと悟った。自分らしくなかった。たくさんあった趣味もやめた時期だったよ。後をつけられることを恐れて、スケートボードやサーフィンができなかった。恐怖を断ち切ると素晴らしいことが待っているんだ」と続けた。

 ディズニーの人気テレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』シリーズで大ブレイクし、ティーンのアイドルになったザック。突然の名声に戸惑い、自分を見失った時期もあったが、現在は成長し地に足が着いているという。

最終更新:5月19日(木)15時33分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。