ここから本文です

上川隆也&中村アン、“ニモ” 続編で新キャラ声優に! 謎のタコと泳ぎが苦手なサメ役

クランクイン! 5月19日(木)5時0分配信

 世界中で社会現象を巻き起こしたディズニー/ピクサーの人気作『ファインディング・ニモ』。その続編となる『ファインディング・ドリー』(7月16日公開)より、主人公ドリー役・室井滋、ニモの心配性な父マーリン役・木梨憲武に加え、上川隆也、中村アンの日本語吹替えキャストが発表された。

【関連】「中村アン」フォトギャラリー


 本作は、『ファインディング・ニモ』の奇跡の冒険から1年後を舞台に、ニモとマーリン親子の親友“ナンヨウハギ”のドリーを主人公にした物語。今回、ドリーの“家族の思い出”のカギを握る注目の新キャラクターとして、謎のタコ・ハンク役にディズニー作品の声優初挑戦となる上川、泳ぎが苦手なジンベエザメ・デスティニー役に声優初挑戦となる中村が決定。

 実は大のアニメーション好きである上川は、「思ってもいなかったオファーをいただき、ただただ嬉しかったです」とオファーされた際を振り返り、ハンクについて「忍者のように擬態や変身もする面白いキャラクター」と魅力を明かす。そして「スケールアップした大冒険と、ドリーだからこその、心がふっと温まる感動のラストが待っていますので、是非ご期待ください」とメッセージを寄せる。

 ピクサーの映画は大好きで全て観ていると言う中村は「“ニモ”は特別な存在で、家族の大切さを改めて教えてくれました」とシリーズについて熱く語る。おっちょこちょいで明るく、ドリーを助けようとする優しいサメのデスティニーを演じ、「クジラ語を話すシーンがとにかく難しかったです!」と苦労を振り返った。

最終更新:5月19日(木)5時0分

クランクイン!