ここから本文です

GENERATIONS数原龍友、白濱亜嵐におもちゃでイタズラ「すごい怒ってた」

クランクイン! 5月19日(木)15時52分配信

 ヒーローアクション超大作ドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>』の公開アフレコが19日に行われ、声の出演をするGENERATIONS from EXILE TRIBEの数原龍友がアフレコを行った。初めての声優への挑戦、そして大勢の取材陣を前にして「緊張しますね」とこわばった表情を見せていた数原だったが、アフレコの映像と音声が流れると表情まで一変させ、低い声を響かせ完璧に役をまっとうした。

【関連】『レジェンド・オブ・トゥモロー』公開アフレコイベント<フォトギャラリー>


 ドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』は、ワーナー・ブラザースがおくるDCコミックスの最強ヒーローたちがチームとなって集結し、時空を超え世界を救うヒーローアクション劇。『プリズン・ブレイク』のスコフィールド兄弟でおなじみのウェントワース・ミラーとドミニク・パーセルが、キャプテン・コールド&ヒートウェーブ役で主演を務めていることでも注目を集めた。

 もともとアメコミファンとして知られる数原は、本人たっての希望で低音ボイスを活かせる凶悪キャラクター「二代目デスストローク」への挑戦となった。GENERATIONSのメンバーも祝福していたそうで、「メンバーは、背中を押してくれるような言葉や『頑張ってね』という声をかけてもらいました。ふざけた相方は『見に行こうかな』と言っていたんですけど、絶対来るなと言いました(笑)」と、うれしそうに声優デビューについて語った。

 練習のために、自分のボイスレコーダーに声を吹き込み、何度も聞き返したりしていたという数原。普段の歌う声とは全く勝手が違う難しさを吐露するも、「次はドキュメント番組のナレーションにも挑戦したいです」と、声の仕事への幅を広げたいと目を輝かせた。

 本作で悪役を演じる数原に、「最近した悪いことは?」という質問が飛ぶとメンバーの白濱亜嵐にいたずらをしたことを告白。「小さなゴキブリのフィギュアみたいなのがあるんですけど、亜嵐のヘッドフォンのケースにしのばせました(笑)。『誰』ってすごい怒ってて、僕だよって自白しましたけど」と、メンバー間の仲睦まじい様子をうかがわせていた。

 『レジェンド・オブ・トゥモロー』はデジタルセル先行配信中。ブルーレイ&DVDは今秋リリース予定。

最終更新:5月19日(木)15時52分

クランクイン!