ここから本文です

『ホステル』監督製作の最恐ドラマDVDレンタル開始 悪魔vs天使の戦い描く予告編

クランクイン! 5月19日(木)18時45分配信

 『ホステル』『グリーン・インフェルノ』のイーライ・ロスと、大ヒットホラーシリーズ『パラノーマル・アクティビティ』のジェイソン・ブラム製作という、ホラーファン注目の豪華スタッフによる最恐TVシリーズ『サウス・オブ・ヘル~女エクソシスト マリア~シーズン1』のDVDレンタルが8月3日より開始することがわかった。それにあわせ予告動画とパッケージビジュアルも解禁となった。

【関連】「ミーナ・スヴァーリ」フォトギャラリー


 本作は、悪魔アビゲイルを体に宿した女エクソシストのマリアと、地獄の使者となり蘇ったマリアの父親イーノックとの、魂と運命を賭けた壮絶な戦いが描かれる。今回解禁されたビジュアルでは、主人公のマリアの首筋あたりからアビゲイルのものと思われるタトゥーまみれの腕が生え、彼女の頭を包み込み、「悪魔を喰う天使―」というコピーが書かれている。
 
 同時に解禁された予告編では、マリアの最大の敵である父との戦い、マリアとアビゲイルのセクシー共演、さらに次々と現れる悪魔たちなど見所が満載だ。
 
 監督陣には、イーライ・ロスを始め、デヴィッド・リンチの愛娘にして、『サベイランス』の監督ジェニファー・リンチ、『サクラメント 死の楽園』のタイ・ウェストなど豪華な面々が顔を揃えた。
 
 主人公のマリアを演じるのは、『デイ・オブ・ザ・デッド』のミーナ・スヴァーリ。そのセクシーなボディを惜しげもなく生かしつつ、女エクソシストのマリアと、彼女に巣食う悪魔アビゲイルの一人二役という難役を見事に演じている。
 
 『サウス・オブ・ヘル~女エクソシスト マリア~』は8月3日より、DVDレンタル開始。

最終更新:5月19日(木)18時45分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。