ここから本文です

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、アンソニーが回復し今週末からツアーに復帰

RO69(アールオーロック) 5月19日(木)10時53分配信

5月14日にカリフォルニア州アーヴィンで開催されたフェスティヴァルに出演予定だったもののアンソニー・キーディスの胃炎により急遽出演取りやめになったレッド・ホット・チリ・ペッパーズだが、その後、アンソニーは回復に向かっていることが伝えられている。

6月17日(金)に新作『ザ・ゲッタウェイ』をリリースするチリ・ペッパーズだが、14日にKROQウィニーニー・ロースト・フェスティヴァルへのヘッドライナー出演を控えていたところ、直前にアンソニーが「腹部に激痛」を訴えたため、急遽病院に担ぎ込まれ、フリー、チャド・スミス、ジョシュ・クリングホッファーの3人がステージからこの緊急事態を報告し、出演は取りやめとなった。また、17日に予定されていたアイハート・ラジオ・フェスティヴァルへの出演も中止となった。

イギリスのラジオ局レディオXの取材に応えたチャドは次のように当日の様子を振り返っている。

「アンソニーが腹痛でもがいてて、ちょっと見てて怖ったかよ。それでそのまま直に病院に行って、ファンのみんなに演奏できなかったのが本当に残念だったけど、それ以上にアンソニーのことが心配だったよ。励ましのメッセージとかには本当に感謝してるよ。みんなたくさんメッセージを送ってくれたから」

なお、アンソニーの容体はその後落ち着いて、母親のペギーも「アンソニーは大丈夫です。手術も必要ないです」とフェイスブックで発表し、その後急性の胃腸炎を患っていたことが明らかになっている。また、チャドは今週末にバンドがオハイオ州コロンバスで行われるロック・オン・ザ・レンジ・フェスティヴァルに予定通り出演し、その後、ヨーロッパのフェス・ツアーに乗り出していくことも明らかにしている。ただ、今年に入ってからデヴィッド・ボウイ、レミー・キルミスター、プリンスと相次いで有名ミュージシャンが亡くなっているので、さすがにバンドもぎょっとしたとチャドは振り返っている。

「この流れでまたミュージシャンが入院したというと、みんな仰天するのはわかってるからね。今年は本当に大変な年になってるし。でも、アンソニーは屈強な野郎だし、いまだかつてなく元気になって戻って来てくれるよ」

なお、新作『ザ・ゲッタウェイ』についてチャドは「めちゃくちゃファンキーで、すごいメロディアスで、みんなに聴いてもらうのが待ち遠しくてしょうがないよ」と語っている。

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月19日(木)10時53分

RO69(アールオーロック)