ここから本文です

製造業の売上高改善 石川県中小中央会まとめ

北國新聞社 5月19日(木)4時3分配信

 石川県中小企業団体中央会がまとめた3月の景気動向(DI)調査によると、製造業の売上高は前回のマイナス35・5から同9・7と改善した。繊維機械や工作機械、バス・トラック関連受注が好調だった。

 非製造業の売上高は11・1からマイナス11・1に大幅に悪化した。衣料品小売りで春物が振るわなかった。

 マイナス金利の影響について聞くと、「変わらない」が76・0%と最も多く、「悪影響」が18・0%、「好影響」が6・0%と続いた。変わらない理由としては製造業・非製造業ともに「先行き不透明で設備投資意欲はなく、特に影響はない」が多かった。調査は3月下旬~4月上旬に行い、50団体が回答した。

北國新聞社

最終更新:5月19日(木)4時3分

北國新聞社