ここから本文です

ツエーゲン、本拠地初白星 J2最下位脱出

北國新聞社 5月19日(木)4時8分配信

 明治安田生命J2第8節(18日)ツエーゲン金沢は県陸上競技場で愛媛FCと対戦、2―1で勝ち、ホーム初勝利を挙げた。36分にMF安東輝が先制点、73分にFW金子昌広が2点目を奪い、その後1点差に詰め寄られたものの逃げ切った。

 試合は4月17日に予定されていたが、暴風で延期されていた。22日午後1時から、山形県天童市のNDソフトスタジアムでモンテディオ山形と対戦する。

 試合終了のホイッスルとともにサポーターは立ち上がって喜びを爆発させ、「ツエーゲン」コールが響き渡った。森下仁之監督は「本当に勝てて良かった。良い結果が出ていない中、ずっと後押ししてくれていた」と熱い応援に感謝した。

 東京ヴェルディ戦から中2日で臨んだ。森下監督は「コンディションの良い選手をスタメンに使った」と金子と熊谷アンドリューをFWに置いた。押し込まれる展開が続く中、熊谷からのパスがつながり、先制点が生まれた。

 選手は集中力を切らさず、これで3戦負けなしとなった。指揮官は「粘り強さが出てきた」と手応えを口にした。けがから復帰し、6試合ぶりに出場したDF作田裕次主将は「この勝利を次につなげる」と力を込めた。

北國新聞社

最終更新:5月19日(木)4時8分

北國新聞社