ここから本文です

ヤマハのライディングロボット ロッシと対面

carview! 5月19日(木)13時59分配信

ヤマハ発動機は、ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」の最新映像をYoutube上で公開した。MOTOBOTは、2015年秋の東京モーターショーで披露され話題となった、オートバイを自律走行するロボット。

【このニュースの動画を見る】

今回公開された映像は第2弾で、第1弾の「To ”The Doctor”, 親愛なるロッシへ」では、サーキットにおけるラップタイムでMotoGPライダー バレンティーノ・ロッシ選手へ挑戦を宣言した。第2弾ではついにロッシ選手との対面を果たす。バレンティーノ・ロッシ選手は、イタリア出身のオートバイレーサー。15年間でワールドチャンピオンを9回獲得。圧倒的な強さを見せる。

MOTOBOTプロジェクトのユニークなところは、乗り物へは一切手を加えず、ヒト型のロボットで車両を運転するというアプローチを取るところ。MOTOBOTは、スピード・エンジン回転数・姿勢などの情報を元に、6つのアクチュエータを制御し、ステアリング・アクセル・フロントブレーキ・リアブレーキ・クラッチ・シフトペダルの操作を行う。

開発者によれば、すでにサーキットを走れるレベルまで開発は進んでいる。2017年には200km/h以上で走行できることを目標にしているという。

第1弾映像「To ”The Doctor”, 親愛なるロッシへ」は以下のURLで見られる。
https://www.youtube.com/watch?v=EzgJWwAx8Mo

株式会社カービュー

最終更新:5月20日(金)14時27分

carview!