ここから本文です

日本グルメ展、北海道から南九州まで41店舗が集結=台湾・桃園の商業施設

中央社フォーカス台湾 5月20日(金)13時1分配信

(桃園 20日 中央社)北海道から南九州まで日本全国のグルメや工芸品を集めた物産展が19日、桃園市のショッピングセンター「タイモール」(台茂購物中心)で始まった。41店舗が出展し、本場の味を台湾の消費者に伝える。

お目見えするグルメは、北海道の海鮮天ぷらや北海道の洋菓子店「ルタオ」のチーズケーキ、岡山市の惣菜店「ミートはしぐち」の唐揚げ、東京名物のハローキティ人形焼など。一部商品は実演販売される。

工芸品では、京都の浴衣、陶器、職人手作りのひょうたんランプなどが登場。また、コケ玉の展示・販売などを行う「奥入瀬モスボール工房」(青森県)によるコケ玉作り体験教室も開催される。

会期は今月30日まで。

(邱俊欽/編集:名切千絵)

最終更新:5月20日(金)13時1分

中央社フォーカス台湾

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。