ここから本文です

舛添都知事が新疑惑で会見(全文8・質疑応答7)絵画の転売は一切してない

THE PAGE 5月20日(金)21時59分配信 (有料記事)

なぜ、これほどまでに多くの疑惑が出てくると思うか

TBS:ありがとうございます。『あさチャン!サタデー』という。

舛添:ちょっと音が。はい。

TBS:『あさチャン!サタデー』という番組から来ました、TBSの杉山です。よろしくお願いいたします。なぜ、これほどまでに多くの疑惑が出てきていると考えてらっしゃいますか。

舛添:これはいろいろと批判されているように、システムの問題であったり、いろんなことがあると思いますから、これは真摯に反省して改善していきたいと思っております。

TBS:システムというのは具体的にどういうことでしょうか。

舛添:いや、先ほど申し上げたように、事務所のこのシステムも問題あったというふうに思います。

TBS:第三者の目を見て、第三者の判断を見て、説明責任を果たすという内容だと思いますけれども、その説明で現時点で都民は納得してくれるとお考えでしょうか。

舛添:いや、それは先ほど申し上げてますように、私が都民のご判断をこの場で推測するようなことはしてはならないと思ってます。

TBS:都議会の開会に向けて、関係者とはどのようなやりとりが行われてるんでしょうか。

舛添:関係者ってどなたですか。

TBS:都議会の関係者。

舛添:これは、私は知事としてしっかりとこの調査をするということですから、都議会の皆さまは都議会でやっておられるんで、私はこの自分の問題について、都議会の皆さま方はこの都議会の場において厳しいご質問をなさったり、ご批判なさると思いますから、私の仕事はそこの場でお答えするということに尽きると思います。

TBS:説明責任は、では、今回で、会見でオーケーと考えてらっしゃいますか。本文:16,211文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5月20日(金)22時24分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。