ここから本文です

ゆず訪台、7月の台湾公演をPR 特別にアカペラのプレゼントも

中央社フォーカス台湾 5月20日(金)18時31分配信

(台北 20日 中央社)人気デュオ・ゆずが20日、台北市内で記者会見を開き、7月の台湾公演開催をPRした。台湾でのコンサートは今回が初めて。北川悠仁は「自己紹介的なライブになる」と話し、期待をのぞかせた。台湾記者からのリクエストに応え、特別に「贈る詩」をアカペラで披露するサプライズも。取材陣を喜ばせた。

ゆずの2人によると、前回の訪台は9年前。雑誌撮影のための訪問だったが、その際自分たちのことを知っている人が台湾にたくさんいるのを知り、ライブをしたいと思っていたという。岩沢厚治は「ようやく台湾でライブができます。楽しみにしています」と喜びを語り、ファンと一緒に楽しみたい気持ちを明かした。

日本では横浜スタジアムを始め、数万人規模の会場でのライブを成功させているゆず。台湾公演の会場となる「ATT SHOW BOX」(台北市)は最大座席数1100席程度と小規模だ。北川は、ファンの顔が見えたり、息遣いを感じたりできるほか、自分たちの魂なども伝えたいとの思いから会場を選んだと語った。

また、7月の再訪台の際、サプライズで路上ライブをする計画を検討していることも明かした。

2人は中国語で自己紹介や簡単な会話を披露するなど、今回の公演に対する意欲の高さをのぞかせた。司会を務めたタレントのミッキー・ホアン(黄子佼)とも軽快なやり取りをし、会場は終始笑いに包まれた。

ゆずは前日に台湾に到着しており、北川は仕事後に足つぼマッサージを体験。一方、岩沢はホテルの部屋で台湾ビールを飲んだという。

台湾公演は7月16日、17日に開催。チケットは今月21日に発売される。

(名切千絵)

最終更新:5月20日(金)18時31分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。