ここから本文です

VRで没入体験 新旧ゲームも楽しめる!開催中のお台場「GAME ON」に行ってみた

ZUU online 5月20日(金)14時50分配信

「2016年はバーチャルリアリティ元年」――。バーチャルリアリティ(VR)が盛り上がり、最近では雑誌でこんな見出しを見かけることもある。体験できる施設などは少ない中、5月30日(月)まで東京・お台場の日本科学未来館で開催中の企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」で、ZUU online編集部所属の筆者が体験してみた。

■「見る・聞くだけ」から「リアルシューティング」まで

VRの定義は難しいが、最近は専用のヘッドセットをつけることで、360度に映像が展開するものを指すことが多い。中には音声付きのものもあり、映像に合わせてリアルな音も体感できる。見る・聞くだけでなく、座席や足元が動くものもあり、「没入体験」という表現をされることもある。

今回、筆者が訪れた「GAME ON」は、日本科学未来館とフジテレビジョン、角川アスキー総合研究所による共催。

会場はビデオゲームの歴史に沿って展示されている。元祖ビデオゲームといえるレトロなものから、ゲームセンターにあるアーケードゲーム、家庭用ゲーム機などが多数並んでおり、まさにゲームの進化の歴史を体感できる。またほとんどゲームが会場で楽しめる、大人から子供まで時間を忘れて過ごせるイベントとなっている。

VR体験コーナーでは、10月発売予定の「PlayStation VR」を先取りして体験することができる。

筆者が体験したのは海の中を探索できる「THE Deep(仮)」。ゴンドラに乗って、マンタやウミガメがゆうゆうと泳ぐ海を潜っていくと、最初は上から太陽の光が差し込む美しい光景が広がる。ダイビング経験のない筆者が、テレビ番組などでしか見たことのない景色を体感できた。

さらに深海に潜ると、背びれが特徴的なシルエットが見えてきて、いきなりサメがゴンドラを襲ってくる。バーチャルだと分かっていても、思わず手と額にじんわりと汗が浮かんだ。あまりに“リアル”に感じられる恐怖体験に、前髪が張り付くほど冷や汗をかいた。その世界に“没入”したという言葉が本当にしっくりくる経験だ。

■毛利館長「宇宙飛行士の訓練はコンピューターゲーム」

同館広報の安藤菜穂子氏は、イベントのオープニングセレモニーのあいさつでも披露された、館長であり宇宙飛行士の毛利衛氏の言葉を教えてくれた。「子供がゲームばかりして勉強しない」という相談を受けた時のこと、毛利館長は「宇宙飛行士の訓練の多くはコンピューターゲームですよ」と答え、「今ではどの分野でもゲームに対応する能力が必要です」と話したという。

実地訓練が難しい宇宙飛行士だけでなく、今では電車の運転手やパイロットなどシミュレーションを使用した訓練は増えており、一般の人が体験できる場も増えている。一見、ゲームと変わらないようでも立派な職業訓練だ。VRの精度が高くなるにつれ、ゲームの位置付けも変化してきたと言える。

■特別バージョンの「マインクラフト」も楽しめる

「GAME ON」ではVR体験のほか、世界で人気の「マインクラフト」も日本科学未来館スペシャルバーションで体験できる。スウェーデンではすでに想像力を養う目的で学校の授業に導入されている「マインクラフト」。日本でも、2020年に小中学校でプログラミングの必修化の話も出ており、プログラミング教育の入り口として今後も注目は高そうだ。「GAME ON」は5月30日まで。(ZUU online編集部)

名 称:企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」
会 場:日本科学未来館
会 期:開催中~ 5月30日(月)、火曜休館
開催時間:10:00~17:00(入場券の購入および入場は閉館の30分前まで)
5月20日(金)、5月27日(金)は20:00まで延長。(常設展示は17:00で終了)
http://gameon.tokyo

最終更新:5月23日(月)12時0分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]