ここから本文です

レクサスの最上級2ドアクーペ「LC500/LC500h」が日本初公開

carview! 5月20日(金)11時27分配信

レクサスは5月19日、最上級2ドアクーペ「LC500/LC500h」を日本初公開した。発売は2017年春が予定されている。

【LC500/LC500hの写真をもっと見る(47枚)】

攻め続けるレクサスのラグジュアリークーペ

新型レクサスLC500/LC500hの始まりは、2012年のデトロイトショーで発表されたスタディモデル「LF-LC」だった。そして、その市販版のガソリンモデル「LC500」が今年のデトロイトショーで、ハイブリッドモデル「LC500h」が同じくジュネーブショーでワールドプレミアされている。

ボディサイズは全長4760×全幅1920×全高1345mm。新開発のFRプラットフォームの骨格を活かし、より低くワイドに、四隅のタイヤを強調したアグレッシブなスタンスとともに、巧みなラインと面使いによって妖艶なクーペを描き出している。

また、ボディと一体化したスピンドルグリルや超小型3連LEDヘッドランプユニット、L字型に発光するLEDクリアランスランプ(デイライト機能付き)なども注目ポイントだ。

インテリアは実に華やか。厳選された素材とクラフトマンシップによって、ラグジュアリークーペに相応しい仕立てでまとめられている。操作系にはシフトバイワイヤシステムを採用し、次世代マルチメディアも搭載。また、ペダル配置やステアリング傾角、シートのホールド性などは、徹底した走りこみに基づいて最適にレイアウトしたという。

走りのテーマは「より鋭く・より優雅に」

走りの面では、エンジンをボンネット後方に配置するフロントミッドシップ・レイアウトの採用が大きなポイント。また、ボディ剛性を高めつつ、アルミやカーボン素材などで軽量化を進め、足回りにも新開発のマルチリンク式リアサスペンションを採用して高性能化を図っている。

「LC500」が搭載するパワートレーンは、「F」譲りの5.0リッターV8自然吸気エンジンに、レクサスとして初の10速ATが組み合わされる。最高出力は475ps/7100rpm、最大トルクは530Nm/4800-5600rpm。

一方の「LC500h」には、3.5リッターV6エンジンと2つのモーターに、4段ギアの自動変速機構を組み合わせた“マルチステージ・ハイブリッド”システムを搭載。この4段ギアがシステムの肝となり、どんなシーンにおいてもドライバーの操作にすばやく呼応し、エンジン回転と加速感がマッチした切れ味鋭い走りを実現するという。システム最高出力は359ps。また、10段変速の「Mモード」も備える。

安全面では、プリクラッシュセーフティ、LKA(レーンキープアシスト)、AHB(オートマチックハイビーム)、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールの4つをパッケージ化した「レクサス・セーフティシステム+」が標準装備される。

写真:篠原 晃一

1/2ページ

最終更新:5月20日(金)11時27分

carview!