ここから本文です

寺岡呼人、20回記念主宰イベントにミスチル桜井が参加

MusicVoice 5月20日(金)0時10分配信

 ミュージシャンの寺岡呼人が、7月5日に東京・日本武道館、8月2日に大阪城ホールで、自身が主宰する『Golden Circle 第20回記念スペシャル~僕と桜井和寿のメロディー~』を開催する。『Golden Circle』は様々な世代のミュージシャンが同じステージに立って競演するイベントとして2001年に第1回を開催。1年5カ月ぶりとなる今回は20回目記念という事もあり、寺岡の盟友・桜井和寿が東京大阪両会場に出演する。イベントに向けたキービジュアルには「20世紀少年」などヒット作に持つ漫画家の浦沢直樹が担当。

 サブタイトルに「~僕と桜井和寿のメロディー~」とあるように「妄想満月」「星になれたら」等のMr.Childrenナンバー、Golden Circle of friends名義でリリースした「ミュージック」「フォーエバーヤング」等の寺岡と桜井の共作楽曲に加え、互いの楽曲も演奏するというGolden Circleの20回を記念する饗宴となりそう。

 さらに、寺岡と親交のある漫画家の浦沢直樹がこのスペシャルなイベントに向けたキービジュアルの書き下ろしを担当した。この二人は、一緒にボブ・ディランのコンサートに行くほどの音楽仲間で、浦沢は寺岡のオファーに快諾したという。

 又、8月3日には約2年振りとなる寺岡のソロアルバム『COLOR』がリリースされる。色=COLORをテーマに様々なスタイルの楽曲を収めたコンセプト・アルバム。ボーナス・トラックとして桜井との共作曲「バトン」の寺岡とのデュアルボーカルバージョンを収録している。

 『Golden Circle Vol.20』の東京大阪公演のチケットは一般発売に先駆け、5月20日午前10時より先行抽選の受付がスタートする。


▽寺岡呼人コメント

――ゴールデンサークルがついに20回目を迎えることができました。今回は盟友、桜井和寿と共に「Golden Circle 第20回記念スペシャル~僕と桜井和寿のメロディー~」と題して開催します。彼と出会ったのが1991年。その年に「星になれたら」が生まれました。そこから25年の間、Mr.Childrenでは「妄想満月」、僕のソロでも「バトン」「これが僕の愉快なヒューマンライフ」「競争る為にだけ生まれた訳じゃねぇ」、ユーミン、ゆずとの共作曲「ミュージック」など、何曲もの共作曲を作ってきました。僕と彼の作った共作曲、そしてお互いの代表曲を2時間たっぷりとお送りしたいと思います。ゴールデンサークル20回目のお祭りでもあります。是非、お越し下さい。――


<Golden Circle Vol.20 公演概要>

寺岡呼人presents Golden Circle 第20回記念スペシャル
~僕と桜井和寿のメロディー~

日本武道館
日時:7月5日 開場18:00/開演19:00

大阪城ホール
日時:8月2日 開場18:00/開演19:00

出演:寺岡呼人 / 桜井和寿
GC Band;Dr:林久悦/Ba:林由恭/Gt:佐藤健治/Key:松本圭司/Guest Key:K

<アルバム概要>

COLOR /寺岡呼人

発売日:8月3日

【収録曲】

01.キャッチボール
02.COLOR
03.秘密戦隊☆ゴジュウレンジャー
04.もったいない
05.蜜蜂
06.カンフーボーイ
07.最初の男
08.檸檬
09.ブランコ
10.ライフイズビューティフル
11.バトン feat.桜井和寿 (Bonus Track)

最終更新:5月20日(金)0時10分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。