ここから本文です

日ハムの「北海道新幹線ユニフォーム」、JR北海道駅員も期間限定で着用

乗りものニュース 5月20日(金)7時0分配信

北海道新幹線の2駅や札幌、新札幌、白石、函館駅で

 JR北海道は2016年5月19日(木)、「北海道日本ハムファイターズ」が毎年実施しているイベント「WE LOVE HOKKAIDO シリーズ」と連携し、駅と期間を限定して、社員が北海道新幹線カラーの「WE LOVE HOKKAIDO シリーズ限定ユニフォーム」を着用すると発表しました。

 期間は5月21日(土)から5月26日(木)まで。社員がユニフォームを着用する駅は札幌、白石、新さっぽろ、函館、新函館北斗、木古内駅です。

「北海道日本ハムファイターズ」によると、「WE LOVE HOKKAIDO シリーズ」は2007年から実施されている野球イベントで、今年は5月3日(木・祝)から5月26日(木)まで開催。期間中の試合では、選手は胸に「HOKKAIDO」の文字が刻まれた限定ユニフォームを着用し、「北海道への愛と誇りを表現しながら、チームとファンの皆様が一体となって戦う」といいます。今年度のユニフォームのコンセプトは「北海道新幹線」。実際の車両と同じく、「常盤グリーン」と「彩香パープル」「飛雲ホワイト」でデザインされました。

 JR北海道は「駅の社員が、北海道新幹線カラーのユニフォームを着用することで北海道日本ハムファイターズを応援する機運を盛り上げる」とともに、「北海道新幹線をPR」していくとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月20日(金)7時0分

乗りものニュース