ここから本文です

ソニーのBluetooth機能付きラジオ「SRF-V1BT」。ワイドFM、ステレオ再生に対応

Stereo Sound ONLINE 5月20日(金)14時20分配信

20時間以上再生できる大容量バッテリーを採用

 ソニーより、据置型ラジオ「SRF-V1BT」が6月11日に発売される。想定市場価格は¥20000前後。

 本機はステレオスピーカーを搭載し、FM(ワイドFM)/AMチューナーに加えて、Bluetooth機能も備えているのが特長だ。これによりBluetoothスピーカーとしても使え、スマートフォンに保存した音源なども楽しめる。対応コーデックはSBC。

 スピーカーユニットは45mmコーン型フルレンジをL/Rに搭載し、最大出力2.5W×2(ACアダプター使用時)のデジタルアンプで駆動する。エンクロージャーはバスレフ型で、音楽や人の声を厚みのある音で心地よく聴けるという。

 電源はACアダプターに加え、内蔵バッテリーで最大約21.5時間(FM受信時)の連続再生が可能だ。

 そのほか、長尺FMロッドアンテナを装備することで、高感度の受信を狙っている。めざまし&おやすみタイマーや、オート電源OFF機能を備えるほか、大型液晶ディスプレイは日本語表示に対応しており、周波数やラジオ局名、時計表示もできる。

 接続端子はアナログ音声入力1系統(3.5mmステレオミニ)と、ヘッドホン出力1系統(3.5mmステレオミニ)を備えている。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:5月20日(金)14時20分

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]