ここから本文です

ホークス工藤監督 3位相手の負け越しに「いつも勝てたら苦労はしない」

Full-Count 5月20日(金)7時20分配信

約1か月半ぶり負け越し、谷口に同点弾浴びた森に「勝負どころでカウント負け」

 19日、ソフトバンクは延長戦で日本ハムに敗れ、4月5~7日のロッテ戦以来となる約1か月半ぶりのカード負け越しを喫した。試合後、工藤公康監督は「すごい試合だったね」とひと言発すると、そこからは今季6本目の本塁打を許したレアードへの配球について語り始めた。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

「(投手の)コントロールもあるんだけど、やってはいけないミス。ヒットはOK、ホームランはダメというところで、キャッチャーも次のバッター、その次のバッターまで含めて考えなきゃいけないところ。インサイドにいき切れていない。外のボールをレフトに持っていかれるということは、インサイドを攻めていればフェアにはならないということ」

 また、6回、カウント3-1から谷口雄也に1号同点3ランを浴びた森唯斗については、「勝負どころでカウント負け」と突き放した。

「カウントを悪くして、相手にストレート(にヤマを)をはられました、打たれました、ではね。バッターの長所短所が頭の中に入っていないということ」

 久々のカード負け越しには「いつもいつも勝てたら苦労はしないよ」と語りながらも「そこで切り替えて次に向かっていくのがこのチーム。反省すべきところは反省して次に生かしていこう!」と、明るく会見を締めくくった。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:5月20日(金)7時20分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。