ここから本文です

広島今村、1回2Kピシャリで今季初勝利 「誰かがやらなければいけない」

Full-Count 5月20日(金)9時14分配信

延長10回に登板し無失点、緒方監督も評価「相手の勢いを完全に止めてくれた」

 19日のヤクルト戦で、6番手として登板した広島の今村が、1イニングを無失点に抑えて今季初勝利をマークした。

 延長10回、同点の場面でマウンドに上がった今村は、打者3人から2三振を奪う快投でチームに今季初となるサヨナラ勝ちをもたらした。最初の打者の畠山を一邪飛に打ち取ると、この日3打点の大引、続く中村を二者連続で「狙って取れた」という見逃し三振を奪い、三者凡退でチームに流れを引き寄せた。

 前日はリリーフに失敗し、3敗目を喫していた。「昨日のような試合が続いていたので、しっかり抑えられてよかった。これを続けていきたい」と話した右腕は、緒方監督から勝ちゲームのセットアッパーとして期待されている。今村は「今は確立されたポジションではないが、やりがいはある。誰かがやらなければいけないので、しっかりこなせればいいと思う」と、静かな口調ながら、力強く話した。

 リリーフ陣が苦しい状況での好投に、緒方監督は「今村が最後に相手の勢いを完全に止めてくれた」と、満足した様子だった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月20日(金)9時14分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。