ここから本文です

昨夏ミランを離れてUEL制覇の喜び味わったラミ「インザーギは僕を信頼してくれなかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月20日(金)14時10分配信

古巣ミランを気遣ったが……

18日に行われたヨーロッパリーグ決勝リヴァプール戦に先発出場し、チームの3連覇に大きく貢献したセビージャDFアディル・ラミは昨夏の判断をどう考えているのだろうか。ラミは2014年にミランへ加入したが、当時ミランを率いていたフィリッポ・インザーギの下で満足な出場機会を得ることができず、昨夏にセビージャに移籍した。

ラミとしてはセビージャに移籍したことでヨーロッパリーグ制覇を味わうことができ、一方のミランが苦労していることを考えれば昨夏にスペインへ渡る判断を下したのは正解だったと言えよう。伊『Calciomercato』によると、ラミは古巣のミランを今でも応援しているようだが、当時はインザーギから信頼してもらうことができなかったとコメントしている。

「インザーギは僕を信頼してくれなかった。そして今、僕はこうしてトロフィー獲得を喜んでいるんだ。僕はミランが危機に陥っている理由が理解できないよ。あのクラブには信じられない歴史があり、常にチャンピオンズリーグに出場しておくべきクラブだからね」

逆に昨夏はセビージャからFWカルロス・バッカがミランにやってきたが、バッカとしても古巣セビージャがUEL3連覇を果たしたことは複雑だ。今季はミランを離れたラミとミランに加入したバッカとで大きく運命が変わることになってしまった。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月20日(金)14時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。