ここから本文です

アストンマーティン「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」を世界初公開

オートックワン 5月20日(金)17時22分配信

アストンマーティンとイタリア・ミラノに本拠を置くカロッツェリア(デザイン・ハウス)のザガートは、長年のパートナーシップの最新作となる「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト(Vanquish Zagato Concept)」を発表し、2016年5月21日~22日にイタリア北部コモ湖畔で開催されるヒストリックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で世界初公開する。

アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプトの写真を見る

ヴァンキッシュ ザガート コンセプトは、50年にも及ぶアストンマーティンとザガートのコラボレーションから誕生した5台目のモデルであり、アストンマーティンのスポーツ性とダイナミズム、素材のクオリティへのこだわりと、ザガート特有のデザイン・ランゲージを融合させている。

ヴァンキッシュ ザガート コンセプトは、マレク・ライヒマン氏が率いるアストンマーティンデザインチームとイタリアのミラノに本拠地を構えるアンドレア・ザガート氏と彼の専任デザインチームの密接なコラボレーションによってデザインされた。

英国ゲイドンのアストンマーティン本社で開発・エンジニアリングされたこのコンセプトモデルは、アストンマーティンならではのプロポーションが維持され、今にも走り出しそうな躍動感とダイナミズムが強調されている。

すべてのボディワークはカーボンファイバーで製作され、大きな1ピースパネルを使うことによって、ボディパネルの継ぎ目に現れるスプリット・ラインを大幅に減らしている。

円形リフレクターを採用したテールライトは、ザガート・デザイン伝統のリアビューを彷彿とさせ、さらにこのユニットには、サーキット専用のスーパーカー、アストンマーティンVulcanと同一のLED“ブレード”テクノロジーも応用されている。

アストンマーティン・エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマン氏は、「アストンマーティンは長年にわたって、独自のデザイン・ランゲージを発展進化させるとともに、洗練させることに磨きをかけてきました。さらに、CC-100、One-77、Vulcanなどのスペシャルシリーズ・モデルによって、時代の先を追い求めてきました。ヴァンキッシュ ザガート コンセプトは、アストンマーティンとザガートが力を合わせ、いかにしてアストンマーティン・デザインの境界を押し広げるかを雄弁に物語っています。」と述べた。

また、ザガート最高経営者(CEO)のアンドレア・ザガート氏は、「私たちは、アストンマーティンとの強力なパートナーシップとともに、両社の叡智を見事に共有してヴァンキッシュ ザガート コンセプトを製作したことに誇りに感じています。このニューモデルは、50年前から連綿と続く重要な関係の本質を表しています。」とコメントした。

1/2ページ

最終更新:5月20日(金)17時24分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]