ここから本文です

「はやぶさ」増発 「サンライズ出雲」臨時便も運行 JR夏の臨時列車

乗りものニュース 5月20日(金)15時38分配信

初めて夏休みシーズンを迎える北海道新幹線

 JRグループは2016年5月20日(金)、この夏における臨時列車の運行計画を発表しました。

 今年3月に開業し、初めての夏休みシーズンを迎える北海道新幹線は、7月~9月に開催される「青森県・函館ディスティネーションキャンペーン」にあわせて、週末を中心に臨時の「はやぶさ」を東京~新函館北斗間で運転。また、お盆のピーク時にも、「はやぶさ」が2.5往復増発されます。

 東海道新幹線は7月から9月の3か月間に、過去最多という3万4038本の運行を予定。1日の平均本数は前年より8本多い370本で、今年8月10日(水)には過去最多の432本を運転する計画です。

 郡山~会津若松間では快速「あいづ」が8月12日(金)から16日(火)までのあいだ運行。車両はかつて特急列車や寝台列車などとして使用された583系電車が使われます。

 東京~出雲市間では寝台特急「サンライズ出雲」の臨時便が2往復設定されました。8月11日(木・祝)、16日(火)は出雲市発15時33分、東京着6時23分の「92号」が、8月12日(金)、17日(水)には東京発22時21分、出雲市着13時7分の「91号」がそれぞれ運転されます。

 また、夜行快速「ムーンライトながら」(東京~大垣)は、東京発が7月22日(金)から8月20日(土)まで、大垣発が7月23日(土)から8月21日(日)までそれぞれ運転。「ムーンライト信州81号」(新宿→白馬)は7月から9月の金、土曜(新宿駅発基準)を中心に運行される予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月20日(金)17時15分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]