ここから本文です

マッチポイント2本をしのいだズベレフが4強 [ニース/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月20日(金)15時31分配信

 フランス・ニースで開催されている「コート・ダジュール・ニース・オープン」(ATP250/5月15~21日/46万3520ユーロ/クレーコート)。

ズベレフがグラノイェルスを下して準々決勝へ [コート・ダジュール・ニース・オープン]

 木曜日に行われた準々決勝。第8シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が2本あったマッチポイントをしのいで第2シードのジル・シモン(フランス)を6-3 6-7(6) 7-6(1)で破り、ベスト4進出を決めた。

 ズベレフは第2セットのタイブレークでは6-4と先行して試合を決めるチャンスがあったが、シモンが挽回に成功。シモンは最終セット6-5からのズベレフのサービスゲームで2本のマッチポイントを握っていたが、決めることができなかった。ズベレフはシモンに今季3度目の勝利を挙げた。

「ジルとの試合はいつも接戦になるよ。クレーコートでは特にそうだね」と10本あったブレークポイントのうち8本をしのいだズベレフは話している。

 ズベレフは準決勝で第5シードのジョアン・ソウザ(ポルトガル)と対戦する。ソウザは第3シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)を7-5 7-5で下しての勝ち上がり。

 もうひうとつの準決勝は、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)とアドリアン・マナリノ(フランス)が対戦する。世界ランク15位のティームは通算6度目のタイトル獲得を目指しての今大会となっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo:ROME, ITALY - MAY 11: Alexander Zverev of Germany in action against Roger Federer of Switzerland during day four of the The Internazionali BNL d'Italia 2016 on May 11, 2016 in Rome, Italy. (Photo by Matthew Lewis/Getty Images)

最終更新:5月20日(金)15時31分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。