ここから本文です

ブレイク・ライブリーのインスタグラム投稿が、人種差別発言で批判される

ELLE ONLINE 5月20日(金)20時25分配信

カンヌ映画祭で連日ゴージャスなドレス姿を披露しているブレイク・ライブリーだけど、インスタグラムに投稿したコメントが人種差別的だと批判を浴びているそう。問題となったのは、オープニングに上映された『カフェ・ソサイエティ(原題)』のレッドカーペットで、正面と背後から撮影されたスナップを並べた画像。ブレイクの「LAの顔にオークランドのお尻」とコメントに批判の声が!

人種差別などの問題も扱うエンタメサイト「JEZEBEL」では、「ブレイクは、LAがエレガントで美しい街(つまり白人)、オークランドはその引き立て役(つまり黒人)と言っている」というコラムを掲載。また、MTVのサイトでは「オークランドのお尻、とは好ましくない大きなお尻を意味している。ジェーン・フォンダのワークアウトビデオのファンのLAの住民たちが絶対にそうなりたくないと思っているお尻。だからソウルサイクルでクラスを取って、プレスドジューサリーに電話をするの」とコメント。

実は、カリフォルニア州オークランドには黒人とメキシコ系の貧困層が暮らすスラムがあり、2009年には無抵抗の黒人青年を警官が射殺するという事件が発生。このときには人種差別だという抗議の声が起こり、大規模なデモが起きたという背景が。これを考えると、単なるジョークだったとしても少しデリカシーに欠けたかも……。これまで炎上事件とは無縁だったブレイクは、今回の批判に対してまだ反応していない。今後、どのようなコメント&対応を見せるのか、続報にも要注目。(text : Yoko Nagasaka)

from ELLEgirl

最終更新:5月20日(金)20時25分

ELLE ONLINE