ここから本文です

ロシアテニス協会代表が「シャラポワ引退」発言を撤回

THE TENNIS DAILY 5月20日(金)17時52分配信

 19日、ロシアテニス協会代表は、今年1月の全豪オープンの際のドーピング検査で陽性反応が出たマリア・シャラポワ(ロシア)について、彼女のテニスキャリアが終わるかもしれないと発言した内容を撤回した。

シャラポワの処分に関してはウィンブルドン前にも結論が出る可能性

 ロシアの報道機関、R-Sportは、現在のシャラポワが置かれた状況は「悪い」もので、復帰は「非常に疑わしい」としたシャミル・タルピスチェフ氏の発言を伝えている。

「私は彼女に対する処分がまだ下されていないので、大会へ出られないと言っただけ」とタルピスチェフ氏はTass通信へ話している。

 シャラポワは全豪オープンでのドーピング検査で、禁止薬物のメルドニウムの陽性反応が出ていた。彼女はそれを10年以上、医療目的で服用していて、2016年1月1日から禁止薬物に追加されたことを知らずに使っていたと話している。

 シャラポワは現在、国際テニス連盟(ITF)からの処分が保留となっており、公式戦へ出場することができない。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: MOSCOW, RUSSIA - APRIL 21: Team captain Shamil Tarpichev of Russia look on during the match between Jelena Jankovic of Russia and Anastasia Pavlyuchenkova of Russia during the Day One Semifinal Match in the Fed Cup World Group A, Russia against Serbia at the Megasport Arena on April 21, 2012 in Moscow, Russia. (Photo by Srdjan Stevanovic/Getty Images)

最終更新:5月20日(金)17時52分

THE TENNIS DAILY