ここから本文です

カフェレーサースタイルを意識したスポーツスター、ハーレーダビッドソン「ロードスター」がいよいよデリバリー開始!

オートックワン 5月20日(金)20時34分配信

ハーレーダビッドソン ジャパンは5月20日(金)、2016 MID YEAR NEW MODELの第三弾として、レーシングスタイルと、ダークスタイルを融合した外観が特徴的なスポーツファミリーのニューモデル『ロードスター(XL1200CX)』のローンチイベントを開催した。

ハーレーダビッドソン「ロードスター」 画像34枚

ロードスターは、ブラック仕上げのミラー、ベルトガード、ヘッドライトなど、ブラックを多用したカラーリングを施し、スポーツスターシリーズに位置付けられるカフェレーサースタイルを意識したモデル。既に4月19日より販売開始しており、この度いよいよ店舗へのデリバリーがスタートした。

過剰な装備を省き、パワフルで、ライダーが走ることに集中することができるバイクとして生み出されたロードスターは、新設計のホイールとタイヤ、プレミアムサスペンションコンポーネント、そして中域トルクで力強いパルスを発するエアクールド1200ccVツインエンジン、これらを効果的に組み合わせることで、かつてない高性能を実現。

フロントサスペンションには、新開発のプレミアムライド・カートリッジ式43mm倒立フォーク、大型トリプルクランプを搭載。リアは、プリロード調整付き専用プレミアムライド・エマルジョンショックを備え、フロントと同じくトリプルレートスプリングを採用している。また、サスペンショントラベルは、スポーツスター史上最大となるフロント4.5インチ/リア3.2インチを採用。フロントダブルディスクブレーキには11.8インチのフローティングマウント式ディスクローターを採用し、高い制動力を実現している。また、ABS標準装備となっており、安全かつ安定したストッピングパワーを発揮する。

搭載するパワーユニットは、1201ccエアクールドエボリューションVツインエンジン(最大トルク:101Nm/4250rpm[レッドゾーンは6000rpmから])で、ロングライドでもスムーズな走行感を実現。シートには、新型ツーアップシートを装備し、タンデムランも快適に楽しむこともできる。

カラーリングは、ベースとなる「ビビッドブラック」のほか、「ブラックデニム」「ベロシティーレッドサングロ」「ビレットシルバー&ビビッドブラック」の4色展開。販売価格(消費税込)は、154万円~158万4000円。

1/2ページ

最終更新:5月20日(金)20時34分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]