ここから本文です

ザック・エフロンがリハビリ前の葛藤と今を語る

ELLE ONLINE 5月20日(金)20時36分配信

2013年に薬物依存症を治療するためにリハビリ入りしていたザック・エフロン。現在はすっかり復活した彼が、US版『エル』のインタビューで当時の葛藤と今の心境を明かした。

薬物から離れて生活がどのように変わったのかを聞かれ、「ちゃんとした生活ができる環境が見つかった。それによって正反対のバランスを得ることができた。これまでの生活から抜け出すことができたんだ。それまでは朝起きると必ず自分をググっていた。でもそれを3年前くらいに、きっぱりすぐにやめたんだ。他の人の目で自分を見ていては、自分の人生を生きていることにならないことに気がついた。僕は本当の自分ではなかった。趣味も止めてしまっていたしね。みんなに見つかるのが怖くて、スケートボードもサーフィンもできなかった。その恐怖に打ち勝ったことで、いい状態になれた」そう。

恐怖を克服したきっかけについても明らかに。「ハワイに行ったときだ。研究者と一緒にサメが見られるダイビングに行ってサメと鉢合わせしてしまったんだ。逃げることも戦うこともできたけれど、僕はサメの目を見つめた。サメに僕の存在と僕が恐れていないことを教えてやったんだ。そうしたらサメは僕のすぐ横を通り過ぎて行った。僕はサメに手を伸ばした。10秒とか15秒、実際にサメに乗ったんだよ」と驚きのエピソードを披露!

ちなみに見事な肉体美の持ち主のザックは、MTVムービー・アワードでは最優秀シャツなし演技賞を2年連続で受賞したことも! 「女優の場合には作品の中でどれくらい露出するか契約書に書いてあるけれど、あなたの場合は?」と聞かれると、「似たようなことが書いてあるよ(笑)。脱ぐことには反対していないんだ」とか。新作『ネイバーズ2(原題)』でも、『ベイウォッチ(原題)』でも美胸筋を披露していると噂のザック。これからも期待できそう!(text : Yoko Nagasaka)

from ELLEgirl

最終更新:5月20日(金)20時36分

ELLE ONLINE