ここから本文です

シェークスピア作品も上演、ロンドン初の劇場 発掘現場公開

AFPBB News 5月20日(金)16時13分配信

(c)AFPBB News

【5月20日 AFP】英国の考古学者らが19日、劇作家ウィリアム・シェークスピア(William Shakespeare)の作品「ロミオとジュリエット(Romeo and Juliet)」などが上演され、シェークスピア自身も舞台に立った16世紀の劇場「カーテン・シアター(Curtain Theatre)」の発掘現場を公開した。

 同劇場は1577年から1625年にかけて、ロンドン(London)に初めて登場した演劇場2軒のうちの一軒として数々の演目を上演した。しかし、その痕跡は年月の経過とともに失われてしまった。

 劇場が位置するロンドン東部ショーディッチ(Shoreditch)は、レストランやバー、クラブなどが点在するにぎやかな地区だが、2011年に発掘場所として指定された。

 入念な発掘調査は約6週間前に始まったが、このほど、これまでに発掘された遺物が公開された。

 カーテン・シアターでは、シェークスピアの「ヘンリー5世(Henry V)」が初演されたほか、「ロミオとジュリエット」も上演された。

 当時、上演の際の音響効果として用いられたとみられる陶器製の鳥の笛や骨で作られたくし、通貨として使用されていたとみられる鉄製の代用硬貨などがこれまでに見つかっている。

 発掘チームのリーダーによると、200メートル離れたところにあるもう一つの劇場「ザ・シアター(The Theatre)」とカーテン・シアターは、ロンドンにおける最初の演劇場で、それまで宿泊施設や王宮の中庭で演じられていた劇がこれらの場所で上演されたという。(c)AFPBB News

最終更新:5月20日(金)17時29分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。