ここから本文です

リーガ、4月の月間最優秀監督はジダン クラシコから6戦負け知らず

theWORLD(ザ・ワールド) 5月20日(金)18時48分配信

18得点4失点と好成績

LFP(スペインプロリーグ機構)が4月の月間最優秀監督賞を発表し、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が受賞を果たした。

レアル・マドリードはバルセロナとのエル・クラシコ以降、4月に行われた6試合すべてに勝利し、18得点4失点という成績を残している。結果的にリーガ・エスパニョーラ優勝は逃したものの終盤には12連勝を重ね、首位バルサの優勝決定は最終節までもつれ込んだ。最終的にはバルサと勝点1差の90ポイントでシーズンを終了したが、シーズン途中にラファエル・ベニテスからチームを引き継いだジダンは、トップチームの監督業1年目ながら好成績を残した。

レアル・マドリードは28日にUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦を控えており、同じくマドリードを本拠地とするアトレティコ・マドリードとのマドリード・ダービーとなる。ジネディーヌ・ジダン監督は、選手として2001-02シーズンにUCLのタイトルを獲得しているが、監督としてもカップを掲げることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月20日(金)18時48分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。