ここから本文です

バルサやレアル、そしてバイエルンより上! 香川擁するドルトムントが欧州No.1に君臨する“熱狂的な数字”とは?

theWORLD(ザ・ワールド) 5月20日(金)21時10分配信

ブンデスリーガの人気ぶりがあきらかに

どんなに素晴らしいスタープレイヤーであっても、熱狂的な観衆のエールが届かなければ、モチベーションを維持することは困難かもしれない。その点において、ドイツブンデスリーガのドルトムントは“最もアツい”クラブチームと呼べるだろう。

毎週のようにパワフルな熱気に包まれ、熱心な“ドルトムント好き”が埋め尽くすヴェストファーレン・シュタディオン。最大収容人数8万1359名を誇るこのスタジアムは、1試合平均の観客動員数が欧州で最も多い8万1178名を記録していると、スポーツメディア『World football.net』が伝えた。1試合平均の観客動員数がほぼ満員の数字に肉薄していることが、ドルトムントの異常な人気の高さを示している。同メディアの統計によると、バルセロナ(7万8881人)とマンチェスター・ユナイテッド(7万5286)が2位、3位にランクインし、ブンデスリーガにおいて無敵の強さを誇るドルトムントのライバル、バイエルン・ミュンヘンは7万5006人で4位という結果となった。なお今回のランキングにおける上位10チームの内、5チームがブンデスリーガから、そして3チームがプレミアリーグのクラブとなり、両リーグの根強い人気ぶりが色濃くあらわれている。

同メディアが発表した1試合平均の観客動員数ランキングトップ10は次の通り。

1:ドルトムント(81,178人)

2:バルセロナ(78,881人)

3:マンチェスター・ユナイテッド(75,286人)

4:バイエルン・ミュンヘン(75,006人)

5:レアル・マドリード(69,736人)

6:シャルケ04(61,386人)

7:アーセナル(59,944人)

8:マンチェスター・シティ(54,041人)

9:ハンブルガーSV(53,700人)

10:シュツットガルト(51,983人)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月20日(金)21時10分

theWORLD(ザ・ワールド)