ここから本文です

今季セリエAで2位のナポリ、主将を残留させるために更なる契約延長を提示か

theWORLD(ザ・ワールド) 5月20日(金)23時30分配信

ナポリで10年目のシーズン

今季、ナポリの主将を務めるスロバキア代表MFマレク・ハムシクはリーグ戦全試合に出場し、警告を一度も受けずに6ゴールを挙げる活躍を見せた。そんな彼に所属クラブが更なる契約延長を提示しようとしているようだ。

今季も安定した活躍を見せ、ナポリのセリエA2位に貢献したハムシクは2013年夏に同クラブとの契約を2018年まで延長しており、あと2年の契約期間を残している。だが、ハムシクには現在レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドなどが興味を示しており、彼の移籍を恐れたナポリはチームに留まらせるために契約延長の準備を始めたと伊『calciomercato』が報じた。

昨夏にイタリア王者ユヴェントスからのオファーを断ったハムシクだが、はたして今夏の移籍はあるのだろうか。彼がナポリで来季を迎えることとなれば、同クラブでの10年目のシーズンとなる。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月20日(金)23時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報