ここから本文です

『スクール・ウォーズ』BD BOX発売記念、全26話場面写真を一挙公開!

クランクイン! 5月20日(金)9時0分配信

 伝説のテレビドラマ『スクール・ウォーズ』全26話を初ブルーレイ化する『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ Blu‐ray BOX』から、全26話の場面写真が一挙公開された。

【関連】ドラマ『スクール・ウォーズ』場面写真<フォトギャラリー>


 今回新たにフィルムからのHDテレシネを実施した後、デジタルレストア作業を行った全話の場面写真が一挙解禁、本商品の特設サイトで、HDリマスター画質で第1話のオープニングシーンが公開された。さらに期間限定で、抽選で山下真司直筆サイン入りのラグビーボールやラガーシャツが当たる感想投稿キャンペーン「“スクール・ウォーズ愛”を語れー!!キャンペーン」を実施することが決定した。

 歌手・麻倉未稀が歌う「ヒーロー」が流れる中、芥川隆行によるナレーションが物語を盛り上げていた本作品のオープニング。「ヒーロー」はイギリス出身の歌手ボニー・タイラーが歌うナンバーがオリジナルだが、本作での麻倉のカバーにより、ラグビーといえばこの曲、と言われるまでになったほど。その麻倉は今年デビュー35周年を迎え、7月27日にその記念アルバム「Voice of Power ‐35th Anniversary Album‐」をリリース。同アルバムにはオリジナルバージョンと共に「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO <2016 Ver.>」が収録される。

 『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ Blu‐ray BOX』は9月7日発売。

最終更新:5月20日(金)9時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。