ここから本文です

松岡茉優、“漫画になるってよ” 漫画家・大橋裕之がドラマ出演体験をコミック掲載

クランクイン! 5月20日(金)7時0分配信

 松岡茉優主演のフェイクドキュメンタリードラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』(テレビ東京系)の第3、4話に登場した漫画家・大橋裕之の出演体験コミックが、21日発売の「月刊モーニング・ツー」(講談社)に掲載されることがわかった。その際に登場する松岡茉優、伊藤沙莉の独特なタッチのイラストが発売前に解禁となった。

【関連】「松岡茉優」フォトギャラリー


 本作は、漫画家・清野とおるが描くコミック『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』(講談社/モーニング連載)を題材に、他人にはなかなか理解されないが、本人は幸せになれるこだわりをもった人=「おこだわり人(びと)」を、「松岡茉優」(松岡茉優・本人)が、親友「伊藤沙莉」(同じく本人)とともに突撃するドラマ。監督は『山田孝之の東京都北区赤羽』(テレビ東京系)でも話題となった松江哲明が務めている。

 大橋は“梅”にこだわる男として登場し、「伊藤沙莉」と恋仲になるという衝撃的な展開で、大きな反響を呼んだ。コミックでは、ドラマの中でも言及されていた特徴的な目の「松岡」と「伊藤」が登場。また、脚本の竹村武司が、松岡茉優出演の映画『桐島、部活やめるってよ』のオマージュでもあると語る、カラオケ店での伊藤と大橋のキスシーンについても触れている。

 20日放送の第7話ではドラマは転換点を迎える。“八方美人”な振る舞いをやめ、ストレートに言葉を発するようになった「松岡」だったが、その結果SNS上で炎上してしまい、迷いが生じていた。「清野とおる」や“おこだわり”をやめた男(古沢健監督)に悩みを明かしていくなかで、自分に足りないものが何かを気付いていく。

 ドラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』(テレビ東京系)は毎週金曜0時52分から放送。

最終更新:5月20日(金)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。