ここから本文です

西内まりや『キューティーハニー』ビジュアル解禁! 大胆に横たわる姿に釘付け

クランクイン! 5月20日(金)5時0分配信

 西内まりやが映画初主演をする『CUTIE HONEY‐TEARS‐』のティザービジュアルが完成した。今回解禁となったビジュアルでは、如月瞳を演じる西内が大胆に横たわった姿で登場。「目覚めよ!キューティーハニー」というキャッチコピーから、ハニーが眠りから覚める瞬間を想起させるものとなっている。

【関連】「西内まりや」フォトギャラリー


 『キューティーハニー』は、1973年に永井豪により「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載された漫画作品で、アニメ作品としては東映動画(現・東映アニメーション)制作・テレビ朝日(NET)系列で全25話放送された。「ハニーフラッシュ」のコールともに様々な姿に変身するハニーは強く、セクシーでファッショナブル。男性にも女性にも幅広く支持された。

 作品の舞台は、AIに支配された漆黒の近未来の世界。上層階に住む、わずかな富裕層の快適な生活を維持するため、下層階に住む多くの貧困層が、上層階から垂れ流される汚染物質の雲に覆われた中で暮らしていた。そんなある時、下層階に1体の美しいアンドロイド・如月瞳(西内)が上層階から落下。彼女は自分の産みの親・如月博士に実の娘の記憶を移植された、感情を持ったアンドロイドだった。

 上層階のジャーナリストである早見青児(三浦貴大)、下層階のレジスタンスである浦木一仁(高岡奏輔)、清瀬由紀子(今井れん)、木村龍太(永瀬匡)たちとの出会いをきっかけに、運命の歯車が回り始めた如月は、人類最大の危機に、立ち向かうことになる。

 映画『CUTIE HONEY‐TEARS‐』は10月1日公開。

最終更新:5月20日(金)18時59分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。