ここから本文です

ブラーのドキュメンタリー映画、『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』の日本版予告編が公開

RO69(アールオーロック) 5月20日(金)15時5分配信

ブラーのドキュメンタリー映画、『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』の日本版予告編が公開された。

『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』は、16年ぶりに結成時のメンバーで制作され、2015年4月に発表されたアルバム『ザ・マジック・ウィップ』の制作過程から、2015年に行われたロンドンのハイドパークでの野外コンサートまでの活動を、ライヴ映像を盛り込みながら迫ったドキュメンタリー映画で6月4日(土)より、新宿ピカデリーほかにて公開される。

日本版予告編はこちらから。
http://blur-movie.jp/

映画情報は以下の通り。

●映画情報
『ブラー:ニュー・ワールド・タワーズ』
6月4日(土)より新宿ピカデリー、なんばパークスシネマほかにて公開
出演:デーモン・アルバーン/グレアム・コクソン/アレックス・ジェームス/デイヴ・ロウントゥリー
監督:サム・レンチ 撮影:ブレット・ターンブル、バド・ガリモア 編集:ハミッシュ・リヨン/ベン・ウェインライト-ピアース/レグ・レンチ 製作:ニーヴ・バーン/レジーヌ・モイレット/ビル・ロード
2015年/イギリス/カラー/93分/原題:BLUR: NEW WORLD TOWERS
配給:松竹メディア事業部 宣伝:ビーズインターナショナル
協力:S-O-C-K-S INC./フレッドペリー/British Music in Japan/ワーナーミュージック・ジャパン
© Blink TV 2015
公式サイト URL:http://blur-movie.jp/

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月20日(金)15時5分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。