ここから本文です

1年9ヶ月ぶり! 藍坊主、待望のアルバム発売決定&LIQUIDROOMでワンマンも

RO69(アールオーロック) 5月20日(金)22時0分配信

藍坊主が、1年9ヶ月ぶりとなる自身8枚目のアルバム『Luno』を2016年9月14日(水)にリリースすることを発表した。これは、TSUTAYA O-WESTにて行われた「aobozu LIVE 2016『OTOMOTO ~ハナミドリームをもう一度~』」のツアーファイナルにて発表されたもの。

前作『ココーノ』から1年9ヶ月ぶりとなる8枚目の今作には、昨年発売されたシングル曲“魔法以上が宿ってゆく”、“降車ボタンを押さなかったら”のほかに、新曲“バースデイイブ”など全11曲が収録予定。アルバムタイトルの『Luno(ルノ)』はこれまで藍坊主が歌詞やタイトルなどで多く使用してきたエスペラント語で「月」を意味すると共に、藍坊主の自主レーベルLuno Recordsの「Luno」が由来とのこと。なお、アルバム限定盤には「aobozu LIVE 2016『OTOMOTO ~ハナミドリームをもう一度~』」のドキュメント映像を収めたDVDが付属するという。

また、アルバムのリリースに伴い、2016年9月8日(木)に恵比寿LIQUIDROOMでワンマンライブが開催される。当日会場ではアルバム『Luno』の先行販売が実施される予定。

リリース情報は以下の通り。

●リリース情報
『Luno』(CD+DVD) (初回限定盤)
発売日:2016年9月14日(水)
価格: ¥3,300(税抜価格)+ 税
品番:TRJC-1058
※DVD:aobozu LIVE 2016「OTOMOTO ~ハナミドリームをもう一度~」ツアードキュメント映像収録

『Luno』(通常盤)
発売日:2016年9月14日(水)
価格: ¥2,800(税抜価格)+ 税
品番:TRJC-1059

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月20日(金)22時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。