ここから本文です

トヨタのハイブリッド車がグローバル累計販売台数900万台を突破

オートックワン 5月20日(金)15時14分配信

トヨタは、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が、2016年4月末までに901.4万台となり、900万台を突破したと発表した。

このニュースのフォトギャラリー

トヨタは環境への対応を経営の最重要課題の一つと位置付け、「エコカーは普及してこそ環境への貢献」との考えのもと、これまでハイブリッド車の普及に取り組んできた。

1997年8月に日本でコースターハイブリッドEVを発売、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売して以来、2015年7月末の800万台突破から約9か月で累計販売台数900万台を達成した。

トヨタは直近の1年でも、シエンタにハイブリッドモデルを追加したほか、4代目となるプリウスの販売を開始。海外では、RAV4にハイブリッドモデルを追加し、中国には現地産ハイブリッドユニットを搭載したカローラハイブリッド、レビンハイブリッドを投入した。

2016年4月末現在、約90以上の国・地域でハイブリッド乗用車33モデル、プラグインハイブリッド車(PHV)1モデルを販売している(レクサス含む)。

トヨタは2015年10月に「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表し、地球環境の問題に対してクルマの持つマイナス要因を限りなくゼロに近づけ、持続可能な社会の実現に貢献するためにトヨタが取り組むべきチャレンジを掲げた。

チャレンジの実現ために、ハイブリッド車についてはさらなるラインナップの拡充に努め、2020年までに年間で150万台、累計で1500万台の販売を達成することで環境への貢献を進めていく。

なお、2016年4月末までに販売したハイブリッド車のCO2排出抑制効果は車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、約6700万トンに上るとトヨタでは試算しており、気候変動の原因の一つとされるCO2の削減に寄与したと考えている。

また、ガソリン消費抑制量は同等クラスのガソリンエンジン車のガソリン消費量と比較し、約2500万kLの効果があったと試算している。

トヨタは各種エコカー開発に必要な要素技術を含み、様々な燃料と組み合わせることができるハイブリッド技術を「21世紀の環境コア技術」と位置付けている。今後もトヨタのハイブリッド車がより多くのユーザーに選んでもらえるよう、さらなる高性能化やコスト低減、商品ラインナップの拡充に取り組んでいくとしている。

最終更新:5月20日(金)15時14分

オートックワン