ここから本文です

押井守監督、構想15年の渾身作公開に涙!?朴ロ美が「大丈夫ですか」と心配

Movie Walker 5月21日(土)7時0分配信

押井守が原作・脚本・監督を務めた最新作『ガルム・ウォーズ』の初日舞台挨拶が5月20日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、押井監督、声優の朴ロ美(ロは王へんに路)、宣伝コピーを手がけた虚淵玄が登壇。構想15年以上をかけ、紆余曲折を経た渾身作の公開に押井監督が感無量の面持ちを見せ、朴が「目が潤んでませんか!?」と問いかけ。押井監督は「ライトがまぶしいだけだよ」と照れ笑いを見せ、会場の笑いを誘った。

【写真を見る】朴ロ美が手紙を読み上げると、押井守監督が感無量の面持ちを見せた

本作は、押井監督がカナダでオールロケを敢行した実写とアニメが融合するハイブリットアニメーション。押井監督が目に涙をためているような表情を見せたのは、朴が、カラ役を演じたメラニー・サンピエールからの手紙を読み上げたとき。メラニーからの「押井監督から頂いた花束を、私はいまも家に飾っています」との言葉を聞くと、押井監督は感無量の面持ち。朴が思わず「目が潤んでいませんか!?大丈夫ですか!?」と声をかける一幕もあった。

さらに「押井監督の大ファンだった」というメラニーからの手紙には、「監督は私の中に眠る戦士の血を呼び覚ましてくれた」とも。押井監督は「肉体的にも頑張った。よかった」とメラニーをねぎらい、「オーディションのときに、黒い髪のおかっぱにしてきた。(草薙)素子が好きだったんだよね。絶対この役をとるぞという気合が入っていた。その意気を買った部分もある」とメラニーが押井作品の『攻殻機動隊』のヒロイン姿でオーディションに来たことを述懐しつつ、抜擢の経緯を明かしていた。

17年前に構想され、本作の制作を断念したこともあると言われていたが、押井監督は「断念したことはない。しつこくやろうと思っていた」とキッパリ。宣伝コピーを書き下ろした虚淵も「この作品のいちファン。諦め半分なところもあったので、まさか見られる日が来るとは。本当にうれしいこと。関われたことが光栄」と感激しきり。

最後に押井監督は「今風の作品ではない。自分たちはどこから来て、どこに行くのかという問いに答えるために作られた形式。一度はそれをまっとうに語ってみたかった」と語り、「いつものことですが、パッとしない結果が出ても全然私はめげません!」と宣言。会場から大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:5月21日(土)7時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。