ここから本文です

柳楽優弥、山田孝之から「勇者ヨシヒコ」のお誘い!会場も大爆笑

Movie Walker 5月21日(土)13時59分配信

柳楽優弥の主演最新作『ディストラクション・ベイビーズ』の初日舞台挨拶が5月21日にテアトル新宿で開催され、柳楽をはじめ、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、真利子哲也監督が登壇。柳楽が山田孝之から「『ヨシヒコ』出ない?」と言われたことを明かし、会場の大爆笑を誘った。

【写真を見る】柳楽優弥&菅田将暉、信頼感と仲の良さがビシビシ伝わるトークを展開!

本作は、国内外で高い評価を受ける真利子哲也監督の商業映画デビュー作。暴力と狂気に駆られる若者たちの姿を描く。上映後の劇場が熱気と大きな拍手に包まれるなか、柳楽をはじめ登壇者が緊張の面持ちで登場。刺激的な衝撃作を完成させられたことに、柳楽は「この才能、魅力あふれるキャスト、スタッフの方達とひとつの映画をしっかりと作り上げることができたことに、感動しています」と感無量の面持ちで語った。

映画界からも絶賛の声が集まっており、本作を鑑賞した俳優・山田孝之は「彼の芝居はズバ抜けていて、こんな緻密で繊細なこと俺はできてないなって思う。柳楽優弥ってマジですげーよ」とのコメントを寄せた。ステージでこのコメントが読み上げられると、柳楽は「ありがとうございます!」と深く一礼。

続けて柳楽は、「コメントをいただいて、孝之さんに『ありがとうございます』とメールを送ったら、『ヨシヒコ』出ない?って返ってきました。そのためだったのかなと思って!」と山田主演のドラマ「勇者ヨシヒコ」へのお誘いがあったことを告白し、会場の爆笑を誘っていた。

菅田は「この前の作品の打ち上げですごい仲良くなっちゃって。『映画行こう』て盛り上がっていて」と本作の撮影前に、柳楽と仲良くなっていたことを述懐。しかしながら本作の台本を読むと、「これはあまり、仲良くできないなという気がして。ちょっと距離を保とうと思って」と劇中での関係性から、距離を置こうと思っていたそう。柳楽は「だから連絡をずっととってなかったんですけど、今日送ったら返事が来た。もうLINE仲間」と親友関係の再スタートをうれしそうに報告していた。

キャスト陣の絆の強さが伝わってきた舞台挨拶。最後には真利子監督が「素晴らしい人たち」と彼らを讃え、「いち映画ファンとしても、見せるべき映画ができた」と胸を張っていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:5月21日(土)14時31分

Movie Walker