ここから本文です

サンショウウオ元気でね 古城小児童、卵から育成

宮崎日日新聞 5月21日(土)11時55分配信

 自然界でも元気に生きてね-。宮崎市の古城小(黒木敏朗校長、122人)の4、5年生43人が卵から育てた希少生物のオオイタサンショウウオが全長4~5センチにまで成長し、20日、学校近くのビオトープで自然界へと返す「送る会」を開いた。児童は、それぞれ名前を付けて約4カ月間世話をした“相棒”との別れを惜しみながら、成長を願った。

宮崎日日新聞

最終更新:5月21日(土)11時55分

宮崎日日新聞