ここから本文です

熊本で震災後初のチャリティープロレス大会が開催

バトル・ニュース 5月21日(土)12時10分配信

 5月21日(土)18時30分より、熊本県合志市の「ユーパレス弁天」にて震災後初のチャリティープロレス大会が開催されることが発表された。

 主催する『一般社団法人あなたのレスラーズ』は、ZERO1の大谷晋二郎がこれまで進めてきた「いじめ撲滅」の社会貢献活動が評価を受け2011年に法人化。その後「プロレスを通じて子ども達に勇気を与えること、チャリティープロレスを通じてレスラー達が一生懸命戦う姿を見せ、いじめや様々な困難に立ち向かう子供達に勇気を与えます」という理念の元、小学校や被災地など全国的にチャリティープロレスを行っている。

 会場となるユーパレス弁天は「当市(合志市)は、比較的震災の影響も少なく今は正常に戻りつつあります。しかし、熊本県の全域、特に益城を中心とした震源地はまだまだ大変な状況に変わりはありません。ただ、このまま『まだ』を続けていては、何も始めることができません。ここを避難場所としていた皆様からも、『プロレスはいつ来てくれるの?』と、たくさんの声をいただきました。今回、私たちの方から直接大谷社長に電話をかけ、『何とか開催できませんか!』『被災地の皆さんは、プロレスを楽しみにしています!プロレスを待っています!』という気持ちを伝えましたところ、二つ返事で『行きます!』と、言ってくれました。是非、会場にお越しいただくことが可能な皆様は、無料のチャリティーイベントですので、遊びに来て下さい!」と支配人自らが被災地の声を受け開催を後押し。

 震災後初のチャリティープロレス大会となるが、これに震災当日に熊本に滞在していた大谷晋二郎は「プロレスリングZERO1の大谷晋二郎です。このたび、5月21日に熊本県合志市でチャリティープロレスを行うことになりました。当初は4月20日に開催予定の『いじめ撲滅』イベントでした。今回、夏に延期予定の熊本森都心プラザ大会の件もあり、また、被災地の皆さんの中には、『プロレスどころじゃない!』という方も多数おられると思い、いろいろと考えました。しかし施設側の皆さんから『開催中の運営』や『万が一の震災に備えて』というハードの部分は『お任せ下さい!』と、力強いお言葉をいただき、また、『プロレスを楽しみにしています!プロレスを待っています!』と、いう大変ありがたいお言葉をもらいました。『プロレスの力を望む方がいるのであれば、全力でプロレスします!』これが、僕の答えです。まだまだ大変な皆様に、少しでも、プロレスで力をお与えできればと思います!」と熱い思いを語った。

 2011年5月。東日本大震災の2ヶ月後に初めてプロレスを宮城県で行ったのも大谷晋二郎であり「実際に地震を体験した僕らだからできることもある。そして、先日の東北シリーズはじめ、全国のみなさんから、募金やたくさんの支援物資をいただきました。当社には『サポーターズクラブ』という、チャリティー活動を応援してくれている全国の会員さんがいて、今回も『是非、行ってきてくれ!』と、たくさんの心からのご支援をいただいきました。本当にありがとうございます。全力でプロレスします!応援よろしくお願いいたします!」と全国の思いを被災地へ届ける意向だ。

最終更新:5月21日(土)12時10分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。