ここから本文です

UEL3連覇のセビージャを讃えるも、やっぱりシャビはバルサが世界最強と強調「バルサはコパ・デル・レイの優勝候補」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月21日(土)7時0分配信

コパ・デル・レイ決勝でセビージャと対戦するバルサ

18日に行われたヨーロッパリーグ決勝でセビージャがリヴァプールを3-1で破ったことで、今季もスペイン勢がチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの両方を制することが決定した。セビージャもリーガ・エスパニョーラでは優勝争いに絡めるようなクラブではないが、欧州の舞台に出るとやはり強い。

そんなセビージャのUEL制覇を元バルセロナMFシャビ・エルナンデスも喜んでおり、リヴァプール戦の後半のパフォーマンスは素晴らしかったと母国のクラブを讃えた。しかし、シャビは今でも古巣バルサが世界最強のクラブだと考えている。セビージャはコパ・デル・レイ決勝でバルサと対戦するが、シャビはバルサが優勝候補だと強調し、今でも世界最高のチームとコメントした。シャビのコメントをスペイン『MARCA』が伝えた。

「セビージャの後半のプレイはファンタスティックだったね。彼らは何度か決勝を戦った経験があるし、リヴァプール戦のパフォーマンスは印象的だった。だけど、バルセロナは今でも世界最高のチームだ。そしてコパ・デル・レイの優勝候補だよ。バルサにはリーグ戦とコパ・デル・レイのダブルを達成してほしいね」

UEL3連覇を達成したセビージャと言えどもバルサを倒すのは容易な作業ではなく、今回もバルサに支配される展開となるだろう。シャビはバルサこそ世界最強のクラブと疑っていないが、それを22日のコパ・デル・レイ決勝で示せるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月21日(土)7時0分

theWORLD(ザ・ワールド)