ここから本文です

ブンデスリーガ1強時代に終止符を打つ レヴァークーゼンFW「僕らの目標はバイエルンとドルトムント」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月21日(土)7時50分配信

2位との差は18ポイント

レヴァークーゼンのFWステファン・キースリンクが今季を振り返りつつ、来季に向けて、意欲を燃やしている。

今季中盤まで不安定な成績だったレヴァークーゼン。しかしリーグ戦最後の10試合で8勝1分け1敗という驚異の成績を残し、3位に滑り込んでいる。それについてキースリンクは独『Bild』で「後半戦はミラクルだった。3位という結果は素晴らしい」と満足していることを話した。

一方で「2位と18ポイント差というのは大きすぎる。僕たちの目標は少しでもバイエルンとドルトムントに近づくことだ。コンスタントに実力を発揮すれば、リーグ戦をもっと面白くできると思う。可能だと信じているよ」と話し、上位陣に割って入りたいとした。

近年、バイエルンの独走状態が目立っているブンデスリーガ。今季こそドルトムントが懸命に追いすがったものの、結局バイエルンに優勝を許している。レヴァークーゼンだけでなく、他のチームも実力をつけていくことができれば、キースリンクが望むような白熱した優勝争いになっていくことだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月21日(土)7時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]