ここから本文です

【MLB】岩隈久志、降板直後に負け消滅→2勝目の権利得る 李大浩が勝ち越し打

Full-Count 5月21日(土)11時20分配信

岩隈は6回3失点、2点ビハインドで降板も味方打線が逆転に成功

 マリナーズの岩隈久志投手は20日(日本時間21日)、敵地で行われた今季初交流戦レッズ戦に先発し、6回を投げて6安打6奪三振3四球3失点(自責3)で、2点ビハインドのまま降板した。その後、味方打線が逆転に成功し、岩隈は2勝目の権利を手にした。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 ボールがやや高めに浮いた初回は2死から3番ボットに四球を与えた後、4番フィリップスにレフトに二塁適時打を運ばれて1点先制されてしまう。2回は無失点に抑えたが、3回は先頭コザートに内角ツーシームをバックスクリーンへのソロ弾とされ、4回には1死から四球と連打で再び失点した。

 だが、レッズ打線にじわじわと攻められながらも、回を追うごとにツーシームの制球が戻り、カーブで緩急をつけながら調子は上向きに。5回と6回は本来の投球スタイルを取り戻し、絶妙なコントロールのツーシームで三振を重ねた。

「9番」に入った打席では、いきなり1点を追う2回1死満塁の好機。カウント2-2まで粘ったが空振り三振に倒れた。第2打席は無死一塁からきっちり送りバントを決めた。

 2点を追う7回無死一塁で回ってきた第3打席に、代打・青木宣親外野手を送られ、96球(63ストライク)で降板した。防御率は4.39となった。

 その後、青木がヒットでつなぎ、マルテの四球で無死満塁に。ここでスミスが押し出し四球。カノも死球で同点とすると、2死満塁の場面で李大浩が代打で登場し、ライトへ2点適時打。これで岩隈は2勝目の権利を手にしている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月21日(土)11時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報