ここから本文です

U-23代表のGKは櫛引だけじゃない! J2とJ1で進化を遂げるGKがトゥーロンに意欲「非常に重要な大会」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月21日(土)10時10分配信

虎視眈々とレギュラー奪取を狙う

U-23日本代表GK中村航輔が21日に開幕を迎えるトゥーロン国際大会に向けて意気込みを語った。

トゥーロン国際大会がオリンピック前に行う最後の海外遠征となるU-23日本代表は、16日にフランス入り。19日にはゲーム形式の練習なども行い、21日に開催されるパラグアイ戦に向けて調整した。

今季はJ1の舞台で活躍を続け、トゥーロン国際大会を戦うU-23日本代表メンバーにも選出されたGK中村は、「今シーズンは本当に色々なことを学べていますし、キーパーとしてのレベルは上がっていると感じています」とコメント。トゥーロン国際大会の開幕に向け、「このトゥーロン国際大会は、オリンピックに向けたメンバー選考、そして、スタメン争いにとって非常に重要な大会です。オリンピックは、自分のサッカー人生の中で大切な大会になります。その大切な大会で自分のレベルを試すためにも、この遠征で結果を残せるようしっかり準備したいと思います」と意気込みを語った。同選手のコメントを日本サッカー協会公式サイトが伝えている。

昨季はアビスパ福岡でクラブのJ1昇格に大きく貢献し、今季からは柏レイソルに戻って守護神として活躍している中村だが、U-23日本代表チームでは鹿島アントラーズGK櫛引政敏にレギュラーポジションを譲っている。しかし、中1日で計4試合行われるトゥーロン国際大会ではチャンスが回ってくるはずだ。オリンピック本戦のメンバー入り、そしてレギュラー獲得に向けてアピールを続ける中村のパフォーマンスに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月21日(土)10時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。