ここから本文です

決勝は22歳のティームと10代のズベレフ [ニース/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月21日(土)14時0分配信

 フランス・ニースで開催されている「コート・ダジュール・ニース・オープン」(ATP250/5月15~21日/賞金総額46万3520ユーロ/クレーコート)。

 金曜日に行われた準決勝で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)がアドリアン・マナリノ(フランス)を6-1 6-3で退け、決勝に進んだ。世界15位のティームは今季3つ目、キャリア6つ目のタイトル獲得を目指している。

マッチポイント2本をしのいだズベレフが準決勝進出 [コート・ダジュール・ニース・オープン]

 ティームは決勝で、キャリア初の決勝進出を決めた19歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは準決勝で第5シードのジョアン・ソウザ(ポルトガル)を6-4 4-6 6-2で破っての勝ち上がり。

 ティームは一度サービスゲームを落としたが、それを除けばほぼ問題はなかった。ファーストサービスからのポイント獲得率は89%と高い数字で、マナリノのサービスを5度にわたって破った。

 第8シードのズベレフは準々決勝で第2シードのジル・シモン(フランス)に対して2つのマッチポイントを握られながら凌いで、6-3 6-7(6) 7-6(1)で勝利をつかんだ。準決勝でのズベレフはソウザから7本のサービスエースを奪ったものの、一方で8本のダブルフォールトをおかしてもいた。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: ROME, ITALY - MAY 11: Alexander Zverev of Germany in action against Roger Federer of Switzerland during day four of the The Internazionali BNL d'Italia 2016 on May 11, 2016 in Rome, Italy. (Photo by Matthew Lewis/Getty Images)

最終更新:5月21日(土)14時0分

THE TENNIS DAILY