ここから本文です

ロッテドラ2関谷がプロ初登板初勝利! 同級生とバッテリー組み「うれしい」

Full-Count 5月21日(土)17時0分配信

7回3失点と力投

 ロッテのドラフト2位ルーキー関谷亮太投手が21日の敵地オリックス戦でプロ初登板初勝利を挙げた。7回を投げ6安打6奪三振3失点の力投。打線も14安打で10点を奪い、ルーキー右腕を援護した。

 関谷は初回、モレルにタイムリーを浴びて先制点を献上。しかし打線が2回に1点、3回にもデスパイネの9号3ランなどで4点を奪い、逆転に成功する。さらに4点にも3点を追加。大量リードを受けた関谷は3回と7回に1点ずつを失うも7回3失点と試合を作った。

 10-3で勝利したロッテは連敗を3でストップ。試合後、ヒーローインタビューに答えた25歳右腕は「うれしいです」と一言。この日、バッテリーを組んだ吉田は日大三高時代の同級生で「吉田もしっかりリードしてくれた。助かった。高校の時からしってるんであいやすかった。ファームで1回もなかったんで上でできてうれしいです」と話した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月21日(土)17時27分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。