ここから本文です

FAカップ決勝に辿り着いたことがマンUの“弱さ“を示してる? スコールズ氏が口撃 「リーグ戦やUCLより重要か?」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月21日(土)17時50分配信

21日にFAカップ決勝を戦うマンU

21日に行われるマンチェスター・ユナイテッドとクリスタル・パレスのFAカップ決勝は、マンU指揮官ルイ・ファン・ハールにとって非常に大きな意味を持つ。トップ4入りは逃したが、FAカップを獲得すれば続投の可能性も見えてくるからだ。しかし、そんな重要な決戦を前に元マンUのポール・スコールズ氏が再びファン・ハールのチームを口撃した。

英『Daily Mail』によると、スコールズ氏はFAカップ決勝に辿り着いたこともチームの弱体化を示すサインだと考えている。同氏はFAカップが大きな大会だと認めたが、リーグ戦とチャンピオンズリーグに比べれば重要度は高くないとコメントした。

「この残念なシーズンにおいて、FAカップ決勝は非常に重要だ。誰もがFAカップを大きな大会と認めている。しかし、プレミアリーグやチャンピオンズリーグよりも重要か?僕たちマンUは常にプレミアリーグとチャンピオンズリーグの2つを追い求めてきたし、何度かFAカップから脱落したこともある。リーグ戦やチャンピオンズリーグの重要な試合に向けて選手を休ませる必要があったからね」

これまでのマンUはリーグ戦の優勝争いに絡むと同時に、毎年のようにチャンピオンズリーグ決勝トーナメントを戦ってきた。この2つのコンペティションを戦いながら国内カップ戦でも決勝まで辿り着くのは難しく、国内カップ戦では大幅なターンオーバーを採用することもあった。

しかし今季はFAカップ獲得が最大の目標といった格好になっており、スコールズ氏はその姿勢に失望している。今のマンUの選手たちにとっては屈辱的な言葉だが、まずはクリスタル・パレスを倒して来季以降の復活のきっかけとしたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月21日(土)17時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合