ここから本文です

怪我でもペップのプランはぶれず 引き続きドルトムントMFを注視

theWORLD(ザ・ワールド) 5月21日(土)19時10分配信

チームの中心に据える?

来季からマンチェスター・シティの監督に就任するジョゼップ・グアルディオラの視線はいまだドルトムントのMFイルカイ・ギュンドアンから離れていないようだ。

先日負傷し、EURO2016への欠場が決まってしまったギュンドアン。同選手はマンチェスター・シティへの移籍が目前とみられていたが、その怪我により交渉はストップしてしまったと報じられていた。しかし英『Daily Mail』によれば、グアルディオラが最も獲得の優先度が高いと考えている選手は負傷離脱中のギュンドアンだという。同選手の復帰時期はいまだ定かになっていないが、それでもマンチェスター・シティは獲得し、移籍を発表したいと考えているようだ。

指揮を執ってきたチームでグアルディオラは常に中盤に重きを置いてきた。その点で、現在のマンチェスター・シティはボランチにグアルディオラ好みのテクニックを持ち、ボールをつなげる選手がいないことは明らかだ。それだけにギュンドアンは何としてでも獲得したい選手の一人なのだろう。同選手を獲得できるかどうかでグアルディオラの来季のプランは大きく変わってくるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月21日(土)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)